Trailer

【本予告90秒】


【特報30秒】

News

はじめに…
2019年クリスマスイヴに出版された一冊の絵本『そらまめかぞくのピクニック』。作者は、小児がんのため同年1月に12歳で亡くなった少女、森上翔華さん。
広島県福山市で生まれた翔華さんは、5歳のとき左足に悪性の腫瘍がみつかり、入退院を続けてきました。つらい抗がん剤治療で髪が抜けても、闘病の辛さを表に出すことなく、みんなを笑顔にしたくて、いつも自分も笑顔を絶やさなかった翔華さん。明るく前向きな彼女の言動から、みんながたくさんの元気をもらっていたのだとか。
絵本は、翔華さんが病床で約3ヶ月をかけて完成させたという入魂の作品です。「希望や元気を与えてくれるこの絵本を多くの人に読んでもらいたい」と、翔華さんの死後、彼女を支え続けた岡山大学病院の看護師や保育士らが、出版を実現。この絵本との出会いが、この映画が生まれるきっかけとなりました。

Introduction

翔華さんの存在と絵本のニュースを知り、「幼いながらもたくましく生きた翔華さんの生き様を、映画として伝えたい」と考えたのは、プロデューサーのとめぞう(一般社団法人「海と空キネマ」の代表で俳優・タレントとしても活躍)。翔華さんのご両親に映画化を相談し、了承を取り付け、取材を重ねて、限られた時間をめいっぱい楽しもうとしていた翔華さんのエピソードをふんだんに盛り込んだ、コメディタッチのヒューマンドラマをつくり上げていきました。

『ベースボールキッズ』(文部科学省選定品、2003年)の渡辺健一ほかが共同プロデューサーとして参加。知られざる特攻機「桜花」の悲劇を描いた『サクラ花~桜花最期の特攻~』(2015年)や、『祈り~幻に長崎を想う刻(とき) 』(2020年)などで、命の尊さに向かい合ってきた松村克弥監督がメガホンを取ります。

笑顔が魅力的な森上翔華役を演じるのは、オーディションで圧巻の演技力を見せ、主役の座を射止めた新倉聖菜。映画初出演にして堂々の初主演を務めます。隠れた主人公ともいえる主治医の脇坂和美役を演じるのはドラマ、映画で活躍中の北原里英。布川敏和と渡辺梓が、翔華を愛情いっぱいに育てる父親役と母親役を人間味あふれる演技で好演しています。また、『TEAM SHACHI』のメンバー秋本帆華と坂本遥奈、人気インフルエンサーで女優の大関れいか、人気上昇中のユニット『原因は自分にある。』の小泉光咲、『Shibu3 project』の上村佳里奈など話題の若手が出演。翔華の親友役に翔華の実際の親友で、2018年スタースカウト総選挙にてグランプリを受賞した夢空(むく)がキャスティングされているのにも注目です。他にも、松村組の常連俳優・城之内正明、翔華の入院仲間・源さん役に松竹新喜劇の看板スター、曽我廼家寛太郎(そがのやかんたろう)、さらに翔華が通う小学校の校長役で高畑淳子、謎の美女に竹下景子という実力派俳優が脇を固めています。

病に支配されることなく、自ら人生を創っていったわずか12 歳の少女の人生から生まれた元気あふれるハートフルストーリー。

笑って、笑って、最後に心から泣ける、感動の 物語 ファンタジー の誕生です!

Story

「姓は森上、名は翔華。人呼んで、余命0年の翔華と発します」
小児がんで幼いころから入退院を繰り返している森上翔華、11歳。
“余命0年”を自称しながらも、いつも元気いっぱいで笑顔を絶やさない彼女は、病院の人気者。年の離れた大親友・源さんから教わった昭和ギャグや、昭和アイドルのダンスで、いつも周囲を笑顔にする存在だ。
「やりたいことは全部やらせてあげたほうがいい」
担当の小児科医・脇坂のすすめで、6年生の1学期から再び学校に通えることになった翔華は、1年ぶりに退院し、父の弘典、母の好江ら愛する家族が待つわが家へ。
しかし、新学期への期待に胸を膨らませる翔華を待っていたのは、自信なし・気力なしで登校拒否寸前の気弱な新人教師・美月。そして、翔華をうるさいと迷惑がる野沢さんとその取り巻きたち。野沢さんは、中学受験で医学部のある附属校を目指していた。その上、幼馴染で大親友の夢空(むく)も、以前より笑顔が減っているような…。
「病院より学校のほうがヤバいわ。笑顔が足りん気がするんよ」
入院中、ベトナム人研修生の看護師ガーちゃんに「笑顔は10倍、100倍の薬」(ベトナムの諺)と教えてもらった翔華は、笑顔が足りない人たちを元気にすることを決心。源さんから教えてもらった魔法で奇跡を起こすことに。「奇跡のタイミングは、“奇跡のバラ”が教えてくれる」。そう信じて、魔法の水=朝露で“奇跡のバラ”を育てはじめる。
「ファンタジーじゃ!」
持ち前の明るさとひたむきさで、一人、また一人と問題を抱えた人たちの心に変化をもたらしていく翔華。やがて、その口癖はクラスメートにも広がっていく。
生まれて初めての運動会、初めての修学旅行、そして入院中に知り合った少年との淡い初恋…。
翔華は、病と闘いながらも日々を「生きる喜び」をかみしめる。だが、再び体調が悪化し、入院することに。
残された時間の中で、翔華は“ファンタジーノート”に書き込んだすべての人に奇跡をおこし、その心を救うことができるのか?
そして、彼女の魔法に心を救われた人たちはそのとき何を…?

Cast

小児がんと闘いながら明るくたくましく生きる少女
森上翔華/新倉聖菜
2008年生まれ、東京都出身。小学生から高校生までのメンバーで結成されたプラチナムプロダクションのガールズグループ『Shibu3 project』のピンククラスに所属し、舞台やライブなどに出演。本作には、オーディションで選ばれ、映画初出演にして堂々の初主演を務める。2023年5月、日本テレビ『THE突破ファイル』に初出演。放送後、その演技と魅力がSNS上で反響を呼んだ期待の新星だ。
若く有能だがシビアでクールな“氷の小児科医”
脇坂和美/北原里英
1991年生まれ、愛知県出身。AKB48の第5期生。2015年、NGT48に移籍し、2008年AKB48のシングル『大声ダイヤモンド』で初選抜入り。フジテレビ系リアリティ番組『テラスハウス』や、映画『サニー/32』(2018年)などに出演。2018年4月、NGT48を卒業後、女優として数々の舞台やドラマに出演。2021年9月、笠原秀幸と結婚。2023年8月、処女作『おかえり、めだか荘』で小説家デビューも果たす。
翔華に好きなことをさせてあげたいと必死で働くお父ちゃん
森上弘典/布川敏和
1965年生まれ、神奈川県出身。アイドル・グループ『シブがき隊』のメンバーとして、1982年にシングル『NAI NAI 16』でデビュー。1981年には、ドラマ『2年B組仙八先生』で俳優デビューし、解散後は俳優として映画やドラマに出演する。主な出演作は、大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語』(2002年)、『おばさんデカ 桜乙女の事件帖』(1994~2017年)、『水戸黄門』(2010年・ゲスト出演)。
翔華をいつもあたたかい愛で包み込むお母ちゃん
森上好江/渡辺 梓
1969年生まれ、静岡県出身。高校卒業後、1987年に俳優・仲代達矢が主宰する「無名塾」に入団。その後、1989年に連続テレビ小説『和っこの金メダル』のヒロインに抜擢され、以降、舞台・ドラマなどを中心に活躍する実力派女優。2010年より、夫で美術家の稲吉稔とともに、アートプロジェクト「似て非 works」の活動を開始。企画制作活動も手掛けている。
やる気なしの気弱なダメ担任
新川美月/秋本帆華
1997年生まれ、愛知県出身。名古屋発のガールズグループ『TEAM SHACHI』(前身グループは『チームしゃちほこ』)のメンバー。「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載中の人気サッカーマンガの舞台化『アオアシ』で2019年の初演に続き、2022年の再演でも海堂杏里役を務める。BS日テレ『バブちゅ〜』の声優を担当し、FM FUJIではレギュラー番組『秋本帆華のウルトラGT』が放送中。
美月の同僚
関先生/坂本遥奈
1999年生まれ、愛知県出身。秋本と同じ『TEAM SHACHI』のメンバー。2021年、舞台『信長の野望・大志 〜最終章〜群雄割拠 関ヶ原』に霞役で出演。CBCラジオ チュウモリ『推シマシ』の木曜レギュラーを務めるなどマルチな活躍をみせる。
翔華の担当看護師で一番の理解者
畑下園恵/大関れいか
1997年生まれ、東京都出身。「日本一フォロワーを持つ女子高生」として人気を博し、現在はインフルエンサーの枠を超え、ラジオパーソナリティー、女優としても存在感を放つ。主な出演作は、映画『私たちのハァハァ』(2015年)、『屍人荘の殺人』(2019年)。
翔華の親友
猿川夢空/夢空(むく)
2006年生まれ、広島県出身東京都在住。生前の翔華さんのリアルな親友で、本作にも翔華の親友役として出演。病床の翔華さんに芸能界で有名になる事を誓い、その後スタースカウト総選挙2018でグランプリを受賞。現在は、通販ブランドSHIENとBLEA学園のコラボ雑誌『Buz LEA(バズレア)』の専属モデルとして活動する期待の新人。
6年生の学年主任
藤木先生/城之内正明
1975年生まれ、茨城県出身。松村克弥監督作品『ある町の高い煙突』(2019年)、『祈り~幻に長崎を想う刻(とき)』(2021年)ほか、天野裕充監督作品『劇場版ほんとうにあった怖い話』シリーズ、『アトのセカイ』(2023年)などに出演する人間味あふれるバイプレイヤー。
翔華の兄
森上優希也/小泉光咲
2003年生まれ。宮城県出身。 7人組ダンスボーカルグループ「原因は自分にある。」のメンバー。主な出演作に、ドラマKTV/CX『大豆田とわ子と三人の元夫』(2021年)、TX『今夜すきやきだよ』(2023年)、NHK『犬神家の一族』(2023年)、NTV『秘密を持った少年たち』、映画『決戦は日曜日』(2022年)などがある。
父親に憧れ医者になるため中学受験を目指すエリート少女
野沢さん/上村佳里奈
2009年生まれ、千葉県出身。大型ガールズグループ「Shibu3 project」ピンククラスのメンバー。2017年に行われたプラチナム主催の第2回「金の卵発掘オーディション」で、当時小学校2年生にして準グランプリに輝く。TBS『インハンド』(第4話/2019年)で女優デビュー。本作が映画初出演作となる。
翔華が小学3年からの入院仲間
源さん曽我廼家そがのや寛太郎かんたろう
1958年生まれ、大阪府出身。1981年松竹新喜劇入団。故 藤山寛美に見出され、曽我廼家の名跡を継承する。「曽我廼家寛太郎一座」を旗揚げ。東京・内幸町ホールにて毎年公演を行う。主な出演作は、舞台『新歌舞伎座座長公演「大爆笑!浪花の喜劇 だんじり文吉」』、『新生松竹新喜劇「喜劇が生まれた日」』、映画『キネマの神様』(2021年) など。
翔華や美月先生を見守る山城小校長
宮下久子/高畑淳子
1954年生まれ、香川県出身。1976年、劇団青年座に入団、舞台、映画、ドラマなどに幅広く活躍する。『読売演劇大賞』最優秀女優賞をはじめ、数々の賞を受賞。2014年紫綬褒章を受章。連続テレビ小説『舞いあがれ!』では、ヒロイン・舞を支える祖母を印象深く演じた。最近の主な出演作は、映画『お終活』(2021年)、『母性』(2022年)、『仕掛人・藤枝梅安』(2023年)、劇場アニメ『屋根裏のラジャー』(2023年/スタジオポノック作品)。舞台では『4000Miles~旅立ちの時~』『チョコレートドーナツ』など。
源さんの病床を訪ねる謎の美女
山下りょうこ/竹下景子
1953年生まれ、愛知県出身。大学進学のため上京後、本格的に俳優活動を開始。テレビドラマのほか、『祭りの準備』(黒木和雄監督・1975年)など、映画にも出演。『男はつらいよ』シリーズでは、三作でマドンナ役を務め、『学校』で第17回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。最近の主な出演作は、NHK BSプレミアムドラマ『70才、初めて産みますセブンティウイザン。』(2020年)、Netflix『離婚しようよ』(2023年)など。

Staff

企画・プロデューサー
とめぞう
1968年生まれ。 広島県福山市を拠点に映画・演劇・イベントなどの企画・制作・プロデュースを行う一般社団法人「海と空キネマ」代表。落語家 漫談家 俳優として、月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ)や『とんねるずのしたっ!』などに出演。現在は、エフエムふくやまにて、ラジオパーソナリティーも務める。本作には福丸先生役で出演。
主なプロデューサー作品は、『蕾のルチア』(製作主任)、『7ナナ』(製作担当)、『いちばん逢いたい人』(ラインプロデューサー)など。ラジオドラマや、太宰府市市政40 周年映画『令和の都に逢いに来て』などのプロデューサーも務める。
脚本・プロデューサー
渡辺健一(筆名:桜風 涼)
1965年生まれ。作家・脚本家。日本児童文芸家協会会員。『消えた幕張新都心の謎を追え』(千葉市/2023年:主演・小島よしお)。 『ベースボールキッズ』(文部科学省選定作品/2003年:布施博・小林綾子・藤田朋子ほか)、船橋市市政記録映画(2014年)のプロデューサーを務めるほか監督・プロデューサー作品多数、著書多数。現在はYouTuberとしても活躍中。
監督
松村克弥
1963年生まれ。毎日映画社でTVドキュメンタリー、短編記録映画など100本近くの構成や演出に携わる。 1988年、ニュース映画『今なお苦悩は続く~土呂久公害70年~』で毎日映画コンクールの短編映画部門グランプリ受賞。その後、フリーランスへ転進。映画監督として活動を開始する。
主な監督作品は、美術界の巨人である岡倉天心と弟子たちの壮絶な人生を描いた『天心』(2013年)、知られざる特攻機、桜花の悲劇を描く『サクラ花~桜花最期の特攻~』(2015年)、新田次郎原作の映画化『ある町の高い煙突』(2019年)、日本演劇界の金字塔を映画化した『祈り~幻に長崎を想う刻(とき)』(2021年/原作:マリアの首)など。シリアスなものからコミカルなものまで、人間性に迫る作風に定評がある。

Theaters

2023年12月20日現在
関東
地域
劇場名
公開日
備考
2/2(金)〜
3/8(金)〜
中部
地域
劇場名
公開日
備考
近日
長野
4/5(金)〜
関西
地域
劇場名
公開日
備考
2/17(土)〜
中国・四国
地域
劇場名
公開日
備考
1/26(金)〜
※先行公開
1/26(金)〜
※先行公開
広島
2/23(金)〜
4/19(金)〜
九州・沖縄
地域
劇場名
公開日
備考
2/2(金)〜
3/22(金)〜
3/23(土)〜